大人なヴィンテージショップ MOSTRA!

2008/8/30 土曜日

Linkのご紹介です!

ブティックエルミタージュ

神戸は栄町に拠を構える大人なヴィンテージショップ『MOSTRA』さんのご紹介です。

コンクリートの打ちっぱなしのクールな内装にミリタリー物からアウトドア物、またレザーアイテムからバッグ等の小物に至るまで、オーナー神吉さん拘りの厳選されたセレクトがショップスタッフにも評判の高いショップです。是非ともお立ち寄り下さい!

本日、Linkを貼って頂いております中崎町は『CHOKE』さんのリニューアルオープンという事で遊びに行かせて頂いた帰りに、これまたLinkを貼って頂いております『BOW&ARROW』さんに伺わせて頂いた際、『MOSTRA』のオーナー神吉さんと雑誌Meetsでの撮影以来となる再会。その貫禄に緊張…と思いきや、会心の笑顔、優しい口調に緊張も解きほぐれました。Linkありがとうございます。

その帰りになんとあの『Pigsty』さん(中崎町)も本日がリニューアルオープンという事を知り遊びに行ってきました。オーナーの西上君と久々の再会。その貫禄に緊張…と思いきや、実は同い年なんです!

『CHOKE』さん『Pigsty』さん、おめでとうございます!

 
Comment (2) Category: ブログロール Posted by: touch
 

個人的なススメ ~ハゲ編~

2008/8/29 金曜日

今にも降り出しそうな嫌〜な空模様ですね…。

何やら予報では西日本でも80ミリ近くの雨が降る可能性があるとの事なので、皆さん傘の準備をどうぞお忘れなく!

さてさて今日のブログネタは何にしよかなぁ〜と気づけばネタ選考でかなり時間を浪費してしまったので、今日は個人的に欲しいけれどもサイズの合わないオサレな靴をサラッとご紹介します!

マルタン マルジェラブティックエルミタージュ

Martin Margiela / Red Trainer(Leather Sneaker) ¥51,450- (tax in)

言わずと知れた名作でしょうか。ご存知マルタン・マルジェラのジャーマントレーナータイプのスニーカーとなりますが、まぁ如何せんノーマルなものからラメやペンキの飛び散ったものまで様々なデザインを有するこのタイプの中でも僕個人としてお気に入りなのがこちらのほつれモデルでしょうか。

マルタン・マルジェラが80年代の終わりに打ち出した、色あせたりほつれたり、わざとUSED風に仕上げるという新しい価値観を持った「ポペリズム」、または「シャビールック」と呼ばれるファッション概念を見事に体現した靴といえるでしょう。

ブティックエルミタージュマルタンマルジェラマルジェラ

色落ちや汚れ・破れ等あらゆる加工ものがありますが、ステッチが解れてきてトゥの部分とか剥げ散らかしちゃったー的なこのデザインには正直感服つかまつりました。さすがはマルジェラ!

42と43の各サイズ各一のみの入荷ですので、興味をお持ちの方は是非お店にお立ち寄りください。断腸の思いで接客させて頂きます(涙)!

 

Martin Margiela:

1957年、ベルギーのリンボルグ生まれ。アントワープ王立芸術アカデミーでデッサンを学び、79年にファッション化を卒業後、ミラノで活動。84年にパリで初めて見たジャン=ポール・ゴルチェのショーに感銘を受けアシスタント入り。88年に「メゾン・マルタン・マルジェラ」社を設立し、翌年の89年に春夏パリコレにてデビューする。

ベルギー出身のアントワープ派デザイナーの中でも別格の存在として認められているマルタン・マルジェラは、高級志向への1980年代のアンチテーゼとして「ポペリズム」(またはシャビールック)と呼ばれるファッションを打ち出し90年代のトレンドの先例を作るなどデザインの根底を覆す革新的な動きを起こし、モード界に新風を巻き起こしたデザイナーとして知られています。

 
Comment (0) Category: shoes Posted by: shinta
 

ボタンブーツ=ガラスの靴?

2008/8/28 木曜日

sintaのBLOGに『筋肉だけじゃなく、文才も俺よりあるやん….』と思い始めた今日この頃….。

順番的に、すっかりレディースの商品紹介担当の今となっては、みなさんが待ち望んでおられる下ネタも当分の間はお預けと、MAKIがレディースの商品紹介してくれへんかなーと願いつつ、本日はヴィクトリアンのボタンブーツをご紹介致します!

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュブティッエルミタージュ

サイズ38。価格:お問い合わせ下さい。

Sold out!!

J&T COUSINS COのヴィンテージボタンブーツです。年代的には、これを持っていたディーラー曰く『ヴィクチョーリアン』と何度も言っておりましたので、1900年前後に作られた靴かと思われます。ステッチの細かさ、仕様、作りから見ても相当古い物である事は見て取れます。それにしてもヴィンテージのボタンブーツにしてこの状態!ほぼデッドストックに近い、奇跡の状態です。ちなみに今までも何度か見た事はあるのですが、ボロボロで履ける状態ではなかったり、履いてもすぐに壊れそうなガラスの靴状態だったり、非売品だったり….

ブティックエルミタージュ

ラジバンダリ…。(スイマセン。TODAY IS THE DAYさんのBLOGのネタをパクってしまいました…。)

話がそれてしまいましたが、履く事の出来るボタンブーツは本当にはじめて見ました!

ただ….。当時はオーダーメイドがほとんどで、このブーツもおそらくオーダーメイド品かと思いますが、ワイズ(幅)がAぐらい?と、あまりの状態の良さにテンション上がって仕入れてまいりましたが、冷静になって考えると『誰が履くねん!』といった細さです….が、とても素敵なブーツです!

ここ最近いろんなブランドから相次いでリリースされております注目のボタンブーツ

ガラスの靴並みの確率かと思いますが、ブティックエルミタージュではそんな『シンデレラ』を探しておりますので、我こそはと思う方は是非….!

 
Comment (2) Category: shoes Posted by: touch
 

エコ?なレザーJKT!

2008/8/27 水曜日

朝晩と、だいぶ涼しくなりましたね。

ぼんやり外を眺めていると長袖着用の方も多数お見かけしますが、僕自身シャツやジャケットに袖を通して歩いているとまだ若干暑いかなぁ〜と、お客様には快適にお買い物して頂きたいので、エコ思考のご時世ですが、本日も店内冷房はバッチリ23度くらいでガンガン営業しております。

冷房の設定温度としては27〜28度くらいがカラダにも環境にも良いらしく、節約のコツとしては“風”というのはヒトの体感温度を2℃程度下げてくれるようなのでオススメはエアコンと扇風機の併用ですが、さすがに店内に扇風機の設置となるといささかヤリ過ぎ感は否めないでしょうか。

最近は何かとエコ思考が高まっているようなので、暑さで冷房は我慢出来ませんが何か他の事でエコロジスタになれはしないかと血眼になって店内を探索した結果、見つけましたよ!
本日のオススメは、春秋冬と3シーズン着用率120%の実はエコなレザーをご紹介いたします。

ブティックエルミタージュsisiiシシ

sisii / Single Riders Leather JKT:BLACK  ¥79,800-(tax in)

もはやシングルライダースと代名詞となりましたでしょうか、sisiiのシングルライダースです。色はブラック。ジッパーはYKKになります。

新品の状態ですと写真のようにマットな感じなのですが、着込んでいく度に非常に艶やかな表情になってまいります。

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

如何でしょう?

こちらはtouch氏の私物となりまして、着用歴は3年目に突入といった具合でしょうか。いっさいメンテナンスは施しておりませんが現在もしっとりとした質感は健在でUSEDのレザーと見紛うかのその雰囲気は、言葉としては俗っぽい表現となりますが「かなりイイ感じ」です。

作りとしてはかなりタイトに仕上がっておりますが、非常に柔らかいレザーを使用しておりますので着込む度に身体に合わせて伸びていきます。通常牛革というと成牛の革を使用するのが通例ですが、こちらは成長過程にいる牛の革を使用しているので、柔らかく身体にフィットするこの独特の質感となっています。

サイズ選びのポイントとしては184㎝の私でもMを着用しておりますので、袖を通した瞬間ん?ウェットスーツか!?というくらいがオススメでしょうか。ちなみにこの形はもともとファスナーをあけて着るようにデザインされているので、ファスナーを閉めると写真3枚目のようにん?拘束衣か!?というくらいビチビチになります。

続いては色違い。

ブティックエルミタージュsisiiシシ

sisii / Single Riders Leather JKT:NAVY BLUE  ¥79,800-(tax in)

エコからかなりそれてしまいましたが、素材は天然皮革100%、ライナーもストレッチコットンの100%となりますので、もし万が一、万が一ですがもういらな〜いってその辺にポイッしても、何百年後かには金具以外はすべて土に還ってしまうというスケールのでかすぎるエコな商品紹介でした。

sisii:

シーズンにとらわれず「旅」をテーマに掲げ、旅行バッグ無造作に詰め込んでも風合いを楽しめるワッシャー加工のアイテム等、レザーアイテムを中心とした服作りを行うラフさとモダンさを兼ね備えたブランド。

 
Comment (0) Category: Leather, sisii Posted by: shinta
 

待望の『ink』入荷!

2008/8/25 月曜日

既存のリメイクという概念をくつがえす物作りで、人気を博す『ink(インク)』の2008A/Wの商品が入荷してまいりました!

『ink(インク)』もまた非常に思い入れの深いブランドで、はじめて見たときはの衝撃は今でもはっきりと覚えております。

早速ですが、まずはレディース…。

ブティックエルミタージュ

inkが最も得意とする、ミリタリーのリメイク!

ブティックエルミタージュ

ミリタリージャケット サイズ:FREE カラー:カーキ 価格30240円(税込み)

ブティックエルミタージュ

ミリタリーショーツ サイズ:FREE カラー:カーキ 価格17640円(税込み)

どちらもミリタリーのジャケットを解体し再構築したモデルです。1着につき3着分の生地を使用しており、シルエットも非常に綺麗で、ワンピース等の女性らしいアイテムとも相性抜群です。

次はメンズ…。

ブティックエルミタージュ

デニムペインターパンツとダックハンティングパンツ!

ブティックエルミタージュ

サイズ:M 価格30240円(税込み)バックルバック付き。Sold out ありがとうございました。

ブティックエルミタージュ

サイズ:M 価格28140円(税込み)Sold out ありがとうございました。inkおなじみのアーチバック。

それぞれ1950年代前後のデニムオーバーオール、またハンティングパンツを解体し再構築。素材の魅力を最大限に引き出し、ヴィンテージパーツを使用する等、細部のディテールにまでこだわった傑作です。

独自の裁断、縫製を用い作り上げられたアイテムは、どれも服という枠を飛び越え、もはやアートと呼ぶにふさわしいアイテムばかりです!

今回ご紹介させて頂いたアイテム以外にも、レディースのワンピース、メンズの変形スウェットパーカ等も入荷しておりますが、どうも私、写真の撮り易いものばかり紹介する傾向がございます….。後日ご紹介させて頂こうと思っておりますが、是非ともご来店下さい!

【ink】 〜再構築から生み出す新しい『表情』〜

ミリタリーアイテムやデニムを中心とした古着を解体し、独自の技法で再構築しております。
素材の良さやディテールを最大限に生かし、機能性を持たせるデザインを心がけています。
同じ型でも、それぞれが全く別の「表情」を持つinkの服は、ストリートという表情豊かな文化を楽しむ人たちに着て頂きたいという想いで創っています。

 
Comment (0) Category: bottoms, ink, jacket Posted by: touch
 

EMILIO PUCCI レインブーツ!!

2008/8/23 土曜日

ショックのあまり、商品紹介を忘れておりました…..。

気を取り直して…。

今日も雨ですが、もうすぐ台風の季節です。

そんな雨の時でもハッピーな気分でお出かけ出来る商品をご紹介致します!

『Emilio PUCCI(エミリオ・プッチ)』のレインブーツです!

新品。サイズ37。価格20790円(税込み)Sold out ありがとうございました。

MADE IN ITALY。

ブティックエルミタージュ

素材は100%P.V.C。

4.5年前にリリースされた初期のレインブーツです。幾何学的な独特のテキスタイルプリント『プッチ柄』をレインブーツに取り入れた事により、これまでなかなか縁のなかったレインブーツをお洒落なブーツへと昇華した傑作です。その後も毎年プッチのレインブーツはリリースされておりますが、この初期のモデルを探されている方も多いようです!

『雨の日が待ちどうしくなる』非常にエレガントなレインブーツです!

『Emilio PUCCI(エミリオ・プッチ)』….

1914年イタリアのナポリに生まれる。フィレンツェの貴族の家に生まれ。ミラノ大学等、数々の大学で勉学に励み、1941年、政治学で博士号を取得しました。大戦中にイタリア空軍でパイロットを務め、その後は政治家としてイタリア議会に10年間在籍する。

1947年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だった彼は、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌に掲載し、人気を博す。以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出される。

その後も各国のセレブに上品なプリントが受け入れられ、『プリントの王子(Prince of Prints)』の異名を持ち、衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がけ、30年以上もの長きに渡って不動の地位を築く。

1990年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)より表彰される。

1992年、エミリオが亡くなった後、娘のラウドミア・プッチがデザインを手がける。

2000年、LVMH モエヘネシー・ルイヴィトングループの傘下に入る。

2001-2001 A/W より、ジュリオ・エスパーダがアーティスティック・ディレクターを務める。

2003 S/S より、クリスチャン・ラクロワがアーティスティック・ディレクターを務め、ラウドミア・プッチはイメージ・ディレクターを務めた。

2006-2007 A/W より、マシュー・ウィリアムソンがクリエイティヴ・ディレクターを務める。

独特のテキスタイルプリント『プッチ柄』に呪文がかけられているかのように、世の女性を魅了しつづけています。

 
Comment (0) Category: shoes Posted by: touch
 

くやしー!

『星野ジャパン』負けてしまいましたね….。

昨日、今日と仕事そっちのけで全部見させて頂きました。

打たれはしましたが、川上投手の1球1球気合いのこもった投球、また最終回の青木選手の何が何でも出塁しようとする気迫の打席はすごく感動しました。

本当にお疲れ様でした….。

ブティックエルミタージュ

 
Comment (0) Category: 一般的な話題 Posted by: touch
 

British Trad…~オススメのパンツ編~

2008/8/22 金曜日

オリンピック、野球は韓国に負けたみたいですね…。

星野ジャパン、いまいち盛り上がりに欠ける結果となってしまいましたが、3位決定戦では獅子奮迅の勢いでメダルを獲得してもらいたいところです。

個人的にはやっぱり柔道が一番でしょうか。

オリンピックのみならず、世界柔道も体重別選手権も結果をチェックしたくなるオタっぷりから、おのずと気合いが入ってしまいます。

結果としてはメダルで言うと少々不本意な結果でしたが、今後要チェックな選手もたくさんいてる事ですし、次の大会に期待です。

そんなオリンピックも終盤を迎え、夏もそろそろお別れかというような時期になってまいりましたので、本日はこれからの時期にぴったりのパンツをご紹介します!

Dickies:Lowrise Straight (UM874 CH-14/CH-60) ¥9,450-

SIZE:28-34

出ました、Dickies!!

ご紹介するパンツはことごとくDickiesですが、専門店ではございませんのであしからず!

先のA/WのコレクションでもGUCCIのグレンチェックのスーツが喝采をあびたのは記憶に新しいですが、今回はそのブリティッシュトラッドの流れを押さえたDickiesが登場!
カラーリングはタータンチェック(青×緑)、グレンチェック(灰×黒)となっております。

こちらはタータンチェック。補足ですが、タータンチェックとはチェックの中でも最も代表的な柄で、スコットランドの民族服などにみられる大柄の格子模様の こと。ちなみにタータンチェックは和製英語で、日本では細ラインと幅広ラインを組み合わせた格子柄を全般的にタータンチェックと呼んでいるそうです。

こちらはグレンチェック。

グレンチェックは、イギリスはスコットランドのアーカートという地の谷間(グレン)で織られたところからつ いた名称で、数種の小さな格子の四角形を交互に配することで大きな格子を描き出している柄だそう。近づいてみる印象と遠目でみる印象が微妙に違っている点 が特長なんだそうです。

モデルは身長184㎝、体重74kgで32を着用しております。

個人的には細身のチェックのパンツとなると綺麗になりすぎてしまう感が否めないのですが、こちらのパンツはシルエットは定番でもあるローライズストレートを採用しつつ、素材を綿ポリから綿100に変えておりますので思いのほか穿き易いパンツとなっております。オススメです!!

 
Comment (3) Category: bottoms Posted by: shinta
 

HENRY BEGUELIN!

2008/8/21 木曜日

夏も終わりが近づき、少しずつ秋の気配が感じられる今日この頃….。

少しずつ涼しくなっている事を肌で感じながらも、サンダルをご紹介致します!

『なんでやねん』なんて思わないで下さい。どーしても紹介したかったんです…。

イタリアはエルバ島で誕生した『HENRY BEGUELIN(エンリーベグリン)』のサンダルのご紹介です!

まずはサボを…。

ブティックエルミタージュ

ブティックエルミタージュ

新品未使用品。サイズ36ハーフ。価格41790円(税込み)

こちらは年中履いていただけます。トレードマークでもある『OMINO(オミノ)』は、全ての作品に職人によってブランドのルーツでもある『手で何かを作り出していくという喜びから生まれたブランドである』という思いを込め手刺繍が施されており、職人によって微妙に表情が違っているのも特徴です。なんとこちらはオミノファミリーが大集合です!

次は…。

ブティックエルミタージュ

ブティックエルミタージュ

新品未使用品。サイズ37。価格56700円(税込み)

こちらは春夏限定でしょうか。ブランド創業時からエンリーベグリンの魂の一つでもある、レザーにウッドやシルバービーズ、またアンティークのヴェネチアンガラスのビーズが施された、非常にベグリンらしい温もり溢れるサンダルです!

どちらも本当にかわいく、使い込む(履き込む)事によって味わい、愛着の増す一品です!

これ以外にも『アンリークイール』も少しございますので、また後日ご紹介させて頂きます!

『HENRY BEGUELIN(エンリーベグリン)』
『最高級の皮と職人によるハンドメイド』というコンセプトのもとに 1980年にイタリアのトスカーナ州のエルバ島で誕生したブランドです。厳選された一枚皮を化学薬品を一切使用せず、なめしや染色には栗やミモザなど自然のものだけを使っています。もちろん1つ1つが熟練した職人の手作りですので、同じものは1つとしてありません。古くから伝わる伝統的な職人の技術と“時代を超えて愛されるもの”を使って、ひとつひとつ丁寧に作られる作品は、現代に生きる世界中の人々を常に魅了し続けています。

 
Comment (2) Category: shoes Posted by: touch
 

John Luke Eastman!!

2008/8/20 水曜日

当店のホームページ、またご来店頂いた際に気づかれた方もおられるかと思いますが、ホームページやフライヤーで使わさせて頂いております、女性の絵は『John Luke Eastman(ジョン.ルーク.イーストマン)』の作品です。イーストマン好きが講じて、OPENから使わせて頂いております。もちろん勝手に使わせてもらっているのではなく、ロサンゼルスでイーストマンの版権を持っておられる、Tさんの許可を得て使わせて頂いております。

実は当店の壁に飾られた1970年代の『John Luke Eastman(ジョン.ルーク.イーストマン)』の作品もすべて販売しております!

本日はその一部をご紹介したいと思います!

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

サイズ510mm×1025mm 価格71400円(税込み)Sold out ありがとうございました。

こちらは1977年の作品。*Silk Screen Print(シルクスクリーンプリント)です。イーストマン自身の直筆のサインとシリアルナンバーが入っております。

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

サイズ475mm×590mm 価格41790円(税込み)

こちらは1974年の作品。*Lithograph Print(リトグラフプリント)です。

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

サイズ455mm×455mm 価格41790円(税込み)

こちらも1974年の作品。*Lithograph Print(リトグラフプリント)です。

ブティックエルミタージュブティックエルミタージュ

サイズ475mm×475mm 価格31290円(税込み)

1975年の作品。*Lithograph Print(リトグラフプリント)です。

イーストマンの作品にはそれぞれ1つ1つにコンセプトが存在します。デフォルメされた美しい女性や子供と聖書から神聖なフレーズがミクスチャーされたアート。それらの作品ほとんどにハート、クロス、スターの3つのマークが描かれており、ハート(LOVE=愛)、クロス(FAITH=信条)、スター(HOPE=希望)を意味します。そして旧約、新約聖書から引用された文字が小さく書き込まれております。

店頭にはこれ以外にあと7点の作品がございます。見て頂くだけでも一見の価値ありです。是非…!

*Silk Screen Print(シルクスクリーンプリント)…版画、印刷技法の一種。版材に絹(シルク)が使われたのでこのように呼ばれています。アンディー・ウォーホルがこの方法を多用していたことは有名です。

*Lithograph Print(リトグラフプリント)…版画の一種で、平版画にあたります。水と油の反発作用を利用した版種で、製作過程は大きく「描画」「製版」「刷り」の3行程にわかれます。その他の版画に比べると複雑で時間も多く要しますが、クレヨンの独特のテクスチャや、強い線、きめ細かい線、筆の効果、インクの飛ばした効果など、描写したものをそのまま紙に刷ることができ、多色刷りも可能で、版を重ねるにつれて艶を有した独特の質感が出てきます。

『John Luke Eastman(ジョン.ルーク.イーストマン)』

アメリカ高級デパート、ニーマンマーカスのレディースシューズのバイヤーを務めていた父を持つジョンは幼少の頃からファッションに興味を持っていました。1952年にUCLAの芸術学科を卒業後カリフォルニアの高級デパートで13年間アートディレクターとして働き、その後フーリーランスとなりヨーロッパを長期にわたり旅をしその間も沢山の作品を発表しました。その後ロサンゼルスに戻った彼は勢力的に作品作りに取り組み彼独特のスタイルを築き上げました。『私は世の中で最も美しい二つの創造物、女性と聖書をペーパーの上に移し替えた。』熱心なカトリック信者であるジョンはそのように自分の作品を説明しています(MOMOのホームページより引用させて頂きました)。

 
Comment (0) Category: art Posted by: touch
次ページへ »
2008年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
このページのTOPへ